CAVE - AYUMI GALLERY

Sorry ! This Web Site is still under construction...


マーティン・シューマン,エスター・ブラーケンホフ
「Shift Operation : Tokyo Workflow」
2020年3月6日(金) - 3月15日(日)
オープニングレセプション:3月6日(金)  18:00 - 20:00




https://shiftoperationtokyo.cargo.site/

Open Studio :
7 (Fri.), 8 (Sat.), 9 (Sun.) February
14 (Fri.), 15 (Sat.), 16 (Sun.) February
21 (Fri.), 22 (Sat.), 23 (Sun.) February
28 (Fri.), 29 (Sat.) February, 1 (Sun.) March
Open : 13:00 -18:00
CAVE-AYUMIGALLERYでは2020年3月6日(金)より3月15日(日)までオランダ人作家マーティン・シューマンとエスター・ブラ-ケンホフによる展覧会「Shift Operation : Tokyo Workflow」を開催いたします。シューマンとブラーケンホフは1月より3ヶ月間、アーティスト・イン・レジデンスを実施しています。

「シフトオペレーション」は、エスター・ブラーケンホフとマーティン・シューマンによるプロジェクトシリーズです。 実践的なアート活動の過程を通じて、ミクロ・ポリティクス※1 を研究、調査することを目的としています。作業プロセ スと協働のあり方についてアイデアを交わし、発展させて行く活動が中心です。「シフトオペレーション」という名前は、 製造業における交代制シフトに着想を得て名付けられました。私たちは、この交代制の考え方を「シフトオペレーション」 の基本構造としました。さまざまな分野のアーティスト達をこのプロジェクトに招待し、私たちと一緒に、一時的なアー ティスト・コミュニティを形成します。「シフトオペレーション」のシリーズの背景には、アーティストとしての私たち個 人のプラクティスがあり、そしてこれは、私たち自身に問うている問題でもあります。現在のアート界のシステムでは、 多くの場合、個人的な制作とプレゼンテーションに焦点が当てられますが 、仕事について話し合い、経験を共有し、アイ デアを発展させ、一緒に仕事をする必要もあるのだ、と私たちは考えます。さまざまな興味、知識、スキルが共同作業に よって繋げられ、良好な協力関係は、全体として各々の合計以上のものをもたらされます。付加価値は、多くの場合、個々 の知識と専門技能の間、または、アイデアのやり取りと対話の中に見出されます。

「シフトオペレーション」は、それぞれ異なるアーティストグループと場所で行われます。したがって各回に、独自の原 動力、プロセス、および結果が生まれることになります。仕事場としてのインスタレーション用意し、それぞれの空間との出会いから、独自の作業方法とルールを持つ、自律した空間が形成されるのです。その発展の過程を見せるため、この インスタレーションは、一般公開されます。テンポラリーのプレゼンテーションやイベントの開催もプロジェクトの一部 です。
※1 ミクロ・ポリティクス: 小さな範囲の組織内で目標を達成するための、個人およびグループによる力の使用。マクロ・ ポリティクスの対照語。

マーティン・シューマン
オランダ出身、学際的なアーティスト。オーディオエンジニアリングを学んだ後、ヘリット・リートフェルトアカデミー にて芸術を学ぶ。版画、印刷、オーディオ、ビデオ、インスタレーション、プログラミングなど、さまざまなメディアを 使用し、サイトスペシフィックな作品からオブジェベースのインスタレーションまで表現方法は多岐に渡る。ゲーム文化、 アイデンティティ、相互作用といったテーマをコンセプトにしている。近年の主な展示に 2019 年、4 Cultures Festival, (ウ ッチ(PL)) 2018 年、C&H gallery (アムステルダム(NL)) Supermarket Independent Art Fair (ストックホルム(SE)) Corridor Project Space (アムステルダム(NL)) 2017 年、 W139 (アムステルダム(NL))、2016 年 Paleis van Mieris, (アム ステルダム(NL))、Hacking Habitat (ユトレヒト (NL))等。

エスター・ブラーケンホフ
オランダ出身。比較芸術を Vrije Universiteit, Amsterdam で学んだ後、リートフェルトアカデミーで実践を学ぶ。作品 では空間と場所の認識、相互作用をテーマとしている。地図、衛星画像、建築計画又はマニュアルなどの地理的および技 術的な画像言語に大きな魅力を抱いている。彫刻、インスタレーション、写真、ビデオなどのさまざまなメディアを使用 し、また定期的に他のアーティストともコラボレーションを続け、アムステルダムを拠点とするアートイニシアティブPaleis van Mieris のメンバーでもある。主な展示に、2018 年、The Future of Travel(Corridor Project Space アムステ ルダム(NL))Supermarket Independent Art Fair(ストックホルム(SE))、2015年Flexible Frameworks(Arti et Amicitiae、アムステルダム(NL)))、&Model(Leeds(UK)、2015)、Odd Bird(Kuva / Tila、Helsinki(FI)、2014) 等。

Shift Operation : Tokyo Workflow 協働アーティスト
山本 麻世、早田 憲康、Jin Yeowool、Thomas Gillant、神農 理恵、花岡 美緒、浮島 栞、永島 悠伊

助成
Stichting Gerbrandy Cultuurfonds
The Embassy of Kingdom of Netherlands 


About Shift Operation
<Shift Operation> is a project by Esther Brakenhoff and Maarten Schuurman that researches the micropolitics of space in relation to artistic practice. The development and exchange of ideas about work processes and forms of cooperation are central to this.

The name Shift Operation refers to the industrial production process that involves shift work. We use the idea of shift work as a basic structure for <Shift Operation>. We invite artists from various disciplines to join the project and form a temporary artists' community together with us.

The background for <Shift Operation> is our own professional practice as an artist and the questions we ask ourselves. This is often focused on individual production and presentation within the current art system. However, we also have a need to talk about work, to share experience and even to develop ideas and make work together. Different interests, knowledge and skills are brought together in a collaboration. However, good cooperation is more than the sum of everyone's input. The added value often lies in the space between individual knowledge and expertise, in the exchange of ideas and dialogue.

<Shift Operation> is a series of projects taking place at different locations with different groups of artists. Each version therefore has its own dynamics, process and outcome. For this we use the installation as a working form. Within each new location, the installation forms an autonomous space with its own working method and rules.

The installation is open to the public to follow the development. Special presentations and events will be organized.

Maarten Schuurman
Maarten Schuurman is a cross-disciplinary artist from the Netherlands. He studied Audio Engineering at SAE, Amsterdam (NL) and Fine Arts at the Gerrit Rietveld Academie in Amsterdam (NL). His work ranges from site-specific interventions to object based installations. Schuurman’s practice employs a variety of media including sculpture, print, audio, video, installation, and programming; fascinated by game culture, identity and interplay. His work has been exhibitited at 4 Cultures Festival, Lodz, Poland, 2019; C&H gallery, Amsterdam, the Netherlands, 2018; Supermarket Independent Art Fair, Stockholm, Sweden, 2018; Corridor Project Space, Amsterdam, the Netherlands, 2018; #nfcdab (Near-Field Communication Digital Art Biennale), Gol, Norway, 2018; W139, Amsterdam, the Netherlands 2017; Paleis van Mieris, Amsterdam, the Netherlands 2017; Citadel'Arte, Citadel Diest, Belgium, 2016; Hacking Habitat, Utrecht, the Netherlands, 2016.

Esther Brakenhoff
Esther Brakenhoff is a visual artist from the Netherlands. She studied Comparative Art Studies at the Vrije Universiteit, Amsterdam (NL) and Fine Arts at the Gerrit Rietveld Academie in Amsterdam (NL). Her work focuses on the perception of and interaction with space and place. She has a great fascination for geographical and technical image languages such as maps, satellite images, building plans and manuals. Esther works with various media, such as sculpture, installation, photography and video. Next to an individual art practice she also regularly collaborates with other artist and is part of the Amsterdam based art initiative Paleis van Mieris. Her work has been exhibited in shows as The Future of Travel (Corridor Art Space, Amsterdam (NL), 2018), Supermarket Independent Art Fair (Stockholm (SE), 2018), Flexible Frameworks (Arti et Amicitiae, Amsterdam (NL),2015), &Model (Leeds (UK), 2015), Odd Bird (Kuva/Tila, Helsinki (FI), 2014).

Shift Operation : Tokyo Workflow, Participating Artists
Asayo Yamamoto, Soda Noriyasu, Jin Yeowool, Thomas Gillant,Shinno Rie, Mio Hanaoka,Shiori Ukishima, Yui Nagashima

Shift Operation is supported by Stichting Gerbrandy Cultuurfonds
The Embassy of Kingdom of Netherlands